Brownricecupは上に乗せる特別なクリームを
引き立てる専用の特別なコーン”名脇役”です

ブラウンライスカップとは

米粉使用、焙煎玄米粉入グルテンフリー アイス用コーン
特徴1 上に乗せるクリームの引き立て役に徹した名脇役
特徴2 焙煎玄米が香ばしくとにかく美味しい。
特徴3 グルテンフリー。(コンタミ検査結果5ppm)
特徴4 岡山県産使用。焙煎玄米粉入り。
特徴5 こだわりの食べ切りサイズはお子様、おかわりに丁度イイ。
特徴6 アイスのみならず、ケーキカップとしても楽しめます。

Brown rice cupはその一杯を特別なものにします。

ブラウンライスカップができるまで

STEP1 国産米粉をレアなこだわりの製法で製粉

岡山県産の米を珍しい気流湿気粉砕方式にて製粉した米粉と焙煎玄米を使用。
米粉ならではの軽い食感と玄米の香ばしさが特徴です。

STEP2 コーン焼成専門工場で焼成

老舗のコーン焼成専門工場で丁寧に焼成。他の商品の製造休止日に製造ラインを徹底洗浄後、本商品のためだけの専用ラインにて製造しています。
その結果、グルテンフリー基準20ppmを大きく下回る5ppmの検査結果となっていますが、同一工場内で小麦を使用しているため、アレルゲンフリー商品ではございません。(1ppm=100万分の1)

STEP3 ていねいに検品、出荷作業

アイスクリームコーンはその性質より欠けやすいものです。
弊社ではこだわりのプレミアムコーンにふさわしい丁寧な梱包、出荷作業を行っています。ですが、万一配送中の事情により破損したものがあった場合、お手数ですがメールフォームよりお知らせください。すぐ、対応致します。

ご注文内容

業務用

段ボール大箱
ライスカップ600個入( 小箱5ケース入)  
縦265mm×横535mm×高720mm  
四隅テープ梱包
段ボール小箱
ライスカップ120個入
縦240mm×横495mm×高135mm 
商品ビニール包み 段ボールテープ梱包
段ボール小箱
ライスカップ120個入
縦240mm×横495mm×高135mm 
商品ビニール包み 段ボールテープ梱包

小売り用(OEM対応可能)  数量限定

1本10個入り 紙筒入り
円筒形:直径63mm×長さ380mm
商品ビニール包み
脱気加工
1本10個入り 紙筒入り
円筒形:直径63mm×長さ380mm
商品ビニール包み
脱気加工

~番外編~小売り用包装資材

紙筒

1本=直径65mm×長380mm
※紙筒のみの販売もいたします

紙筒

1本=直径65mm×長380mm
※紙筒のみの販売もいたします

紙筒

1本=直径65mm×長380mm
※紙筒のみの販売もいたします


店頭用POP見本例

会社概要

会社名
株式会社もみまる
所在地
〒765-0013
香川県善通寺市文京町2-8-12
TEL
0877-85-5582
FAX
0877-63-5530
代表者
横田哲也
創業
2009年05月
資本金
300万円
会社名
株式会社もみまる

お問い合わせ

ご不明・ご注文等、お気軽にお問い合わせください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

グルテンフリーのメリット

グルテンフリーとは?

グルテンフリーとは、グルテンを一定レベルで含まないという意味で、一般にはグルテンを含む食品を摂取しない食生活のことをいいます。

グルテン(gluten)とは、小麦や大麦・ライ麦などに含まれるたんぱく質の一種で、小麦の場合、グルテニンとグリアジンという2種類のたんぱく質が絡み合ってできたものです。

 メリット 01

グルテンには、中毒性があるといわれています。ですからグルテンをとらないようにすれば、もっと食べたいという衝動が起きづらくなり、食べ過ぎを防ぐことができるといわれています。

また、グルテンを含む小麦食品とらないということは、小麦食品がもたらす食後血糖値の急上昇を防ぐことができるといわれています。

そのため、血糖値を下げようとして過剰分泌される、脂肪をためこむインスリンも減らすことができます。また、ごはんと比べて小麦は消化・吸収が速いので、すぐにお腹がすくというのも避けられるようです。

 メリット 02

臓器の炎症を予防できる!

グルテンは臓器に炎症をきたし、がん発症の一因にもなるといわれています。
そのためグルテンフリーはがんの予防につながると考えられています。

また、整腸作用により便秘解消、肌荒れ改善、体質改善も図られるといわれています。

 メリット 03

グルテン過敏症の原因を除去できる!

グルテンが引き金になっておきる自己免疫疾患の一つである「セリアック病」は、グルテンによって小腸が損傷されることで、栄養が吸収できない状態になります。

そしてこのセリアック病に似ている「グルテン過敏症」が、近年、急増しているといわれています。

これは腸の免疫システムがグルテンを異物と認識して体にさまざまな反応を起こすものです。